ヘッドランプの黄ばみや曇りでお悩みではありませんか?

最近の車のヘッドランプの多くにポリカーボネイトという樹脂で作られています。この素材は衝撃に強く透明性が高く複雑な形にできるためヘッドランプを作るのに非常に適していますが、長年使い続けると樹脂が劣化していきます。

新品の状態では、劣化を防ぐためにクリヤー層がコーティングされていますが、これが剥がれて劣化が進行していきます。このコーティングを再塗装して初期状態のような透明性を復活させるのが「レンズリフォーマー」です。

あいおい損保とイサム塗料が共同開発したこの「レンズリフォーマー」は新車オリジナルのコーティング硬度と同等以上の品質を確保できる日本で唯一のヘッドランプレンズ専用の補修塗料です。

lens-reformer